itフリーランスで働くことの良さと大変さ

itのフリーランス技術者として働くとはどういうことでしょうか。
フリーランスとは会社に所属しない働き方ですから、給料を誰かにもらうのではなく、報酬としてクライアントから案件ごとに収入を得る形になります。
会社に所属している場合は会社の取り分が当然入りますから、フリーランスはその会社の取り分がないので、メリットとしてフリーランス年収を高くすることができます。

また自分で報酬について交渉をするので、スキルに自信がある場合は自分の欲しい額を要求することも可能です。さらに1社のみではなく、複数の会社から仕事を請け負うことができるので、時間のある限り仕事を入れれば収入に上限はありません。

一方で、会社に所属しないことのデメリットも多くあります。
まずは仕事が無いと定期的な収入がありません。そして収入を得るためのクライアントへの営業も自分で行う必要があります。また納税の手続きやその他細かい事務手続きも基本的には自分でやらなくてはいけないので、仕事以外に割く時間も必要となり結果会社員より多忙を強いられるケースが多くなります。

そしてフリーランスには特に高いプロ意識が要求されます。
締め切りはサラリーマンより厳格に守る必要があります。仕事が降ってくるわけではないので、信頼を失うことは命取りになりかねません。高いスキルを持っていることはもちろん、締め切りや信頼を守り、対人交渉、折衝能力、営業といった能力も必要です。このように、多様な専門スキルの習得以外にも、クライアントの信頼を得て良い関係を築いていくことが、継続して高額案件を獲得するコツだと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です