itのフリーランスに向く人向かない人

it系はフリーランスで働きやすい職種といわれています。
目標、成果物が明確であり、インターネットを通して納品ができるので、自宅での勤務がしやすいことが理由に挙げられています。
また仕事のクオリティが属人性が高いため、共同作業ではなく、1人の優れた労働者の方が成果が高い場合もままあり得ます。社内で優れた成果物を生み出した人はより高い報酬を求めて、フリーランスへの独立を考えることもありでしょう。
確かに会社というマージンがないので、直接報酬の交渉をし、交渉次第で高い報酬を得ることは可能です。フリーランス年収は自分の努力や勤務時間、仕事の数を入れることでどんどん伸ばせます。

一方で、フリーランスに向かない人もいます。
スキルがあり、努力を不断的にするのは当然として、営業や交渉という視点が欠けているような人です。特に独立直後は自分は無名であり、実績を作るためには積極的に外へ向かないといけません。1人でするような作業が得意でも自分で仕事を得る工程が必要となると、これまで会社がやっていたことをすべて自分の責任で行わなければいけません。
安定感が失われた時には大きな心理的負担になり、仕事にも影響を及ぼします。また細かな事務作業も自分で行わなければいけません。もちろん自分でガツガツ貪欲に進んでいける人ならば、フリーランスのそのような部分は苦にならないでしょう。ですので自分の適性を見定めて働き方を選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です